お金を借りる際に利用明細を見られないようにするには

Posted by okanekariru-blog - 3月-24-2015

消費者金融からお金を借りると、定期的に利用明細書を郵送してくることがあります。

近年、消費者金融会社では利用明細書を送付する際に、契約者のプライバシーへの配慮や、同居人に消費者金融からお金を借りた事実が知られないようにすることを目的に、差出人の名義をあえて別の社名にして郵送するようにしています。

そのため、お金を借りた本人以外が書類を受け取っても、同居人に借金をした事実を知られる可能性は低いといえます。

ただし、この消費者金融会社の対策は、同居人が来た郵便物を全て自分で開封してしまうような人に対しては効果がありません。

また、過去に同じようなケースで消費者金融からお金を借りた経験がある人に対しても、消費者金融会社の利用者への通知方法を覚えている可能性が高く、効果がありません。

もし、同居人に消費者金融を利用している事実を完全に知られずにお金を借りるようにしたいのであれば、メールやインターネットの専用ページで利用明細を閲覧できるシステムを導入しているような消費者金融会社を探して申し込むのが最良です。

派遣会社の登録ではなく就業でお金を借りることができます

派遣社員であってもお金を借りることは可能です。

現に消費者金融や銀行のカードローンでも、パートやアルバイトも安定した収入があれば利用できるとしており、条件さえ揃えば契約できます。

派遣社員の中でも常用型と登録型という契約形態があります。

前者は派遣会社に文字通り常に雇用されており、後者は仕事が発生し、契約を結んだ時点で雇用関係が生まれます。

また、派遣会社で注意すべき点は短期の契約では審査に通りづらいことです。

先ず安定した収入という貸付条件に当てはまりませんので、難しくなります。

登録しただけというのも、お金を借りるのは厳しいでしょう。

雇用契約を結び、就業して収入を得ることで条件に合致します。

長期の契約であれば社会保険に加入できますので、審査に有利に働きます。

また、申し込み時に派遣会社は雇用されている関係ですので、派遣先の企業のみを申告すると通らないことがあります。

あくまでも籍があるのは派遣会社であることも認識しておく必要があります。

In:
Comments are Closed on this Post