お金を借りる時の人気企業3選

お金を借りる時に役立つ消費者金融はたくさんありますが、どの会社が一番良いのか今ひとつ分かり難いのが難点です。
そこで、お金を借りるにあたって特に人気の企業を3つほどピックアップしてみました。

まず、金利面の優遇措置が人気のプロミスです。

プロミスは上限金利が17.8%と大手の中でも最も低く、大変な人気があります。
更に利息30日間サービスまで導入されており、ポイントシステムを使えば更に無利息期間を取得する事ができます。

コストを気にするなら最も理想的貸金業者です。

次に、短期の借入を繰り返すならばノーローンが一番オススメです。

ノーローンは無利息期間を7日と短い期間に設定していますが、同月複数回の融資でなければ何度でも融資を受ける事ができます。

プロミスのようにポイントを貯めずとも無利息サービスを受けられるのは大きなメリットです。

最後に、秘密に借りる事を優先するなら、モビットしかありません。

モビットは金利こそ他社と同列ながらも、勤務先確認や来店契約を全て省略したウェブ完結で契約できる点が特徴です。

家族や同僚に悟られる事なく借りる事ができる為、プライバシーを気にするならばナンバー1だと言えます。

お金を借りる方法について考える

お金を借りる方法には、家族や友人などの個人的な知り合いに借金を申し込む方法と銀行や消費者金融、クレジットカードのキャッシングなどで借りる方法の2通りがあります。

審査の手間や利子など考えると家族や友人に借りるほうが楽な面もありますが、個人でお金を借りると返済が遅れた場合は人間関係に溝ができる恐れもあります。

そのため、消費者金融などの法人でお金を借りる方が精神的な負担は少ないです。

消費者金融や銀行などでお金を借りるときには、申し込みをするときに本人確認書類の提出が求められます。

本人確認書類としては顔写真がついている運転免許証やパスポートなどがあげられます。

金額が50万以上の高額になる場合は、源泉徴収票などの収入証明書の提出も求められます。

会社によって違いますが、本人確認のために自分の勤務している会社に在籍しているかどうかの確認の電話が入ることもあります。

基本的に消費者金融や銀行などでは、収入があることがお金を貸すための最低条件になっていますので、専業主婦や無職の人はなかなかキャッシングできるところは少ないです。

お金を借りるための信用度の担保となる個人情報

お金を借りるということは個人情報を信用の担保として利用するということです。
つまり個人情報が担保価値に見合うかどうかが審査のポイントになります。

カードローンの多くは無担保・保証人不要ですが、担保の代わりに個人の信用度を確認して貸し付けています。

融資で担保を取らないことは貸す側にとってはリスクがあります。
万一、返済不能になれば担保もないので不良債権として残るからです。

そのために審査があり、返済能力を第一に個々の利用者の情報をチェックしています。
利用者の情報は信用情報機関に登録されています。

銀行・信販会社・消費者金融それぞれに登録する機関が異なりますが、二つの機関に登録されることがあります。

これは金融会社の顧客情報とは別に、消費者信用に関わる全体の情報として登録・管理されています。

信用情報機関の情報をみれば、過去の利用履歴や現在の債務の状況も分かります。
また、お金を借りる利用者の情報も詳細に登録されています。

この信用情報機関の情報を付き合わせることで信用度の高低が分かり、その結果を与信額として出しています。

無職の人がお金を借りることはできるのか

お金を借りる際に疑問となる点の一つは「無職の人はお金を借りることができるか」という点ですが、これについては「借りることはできない」というのが結論となります。

消費者金融会社のサービスは、十分な収入が安定して得られているのであれば、正社員はもちろんのこと、派遣社員や契約社員、パート、アルバイト、自営業者の立場の人も利用することができます。

学生も、20歳以上に達していて安定した収入があれば利用することが可能です。

しかし、無職の人についてはほとんどの消費者金融会社で、何らかの職業につかなければ申し込むことができない決まりになっています。

たとえ株取引だけで十分な収入を得て生活している人であっても、定職に就いていない場合は申し込みができず、仮に申し込みができたとしても審査の段階で確実に融資を断られます。

同様のことは専業主婦にもいえます。

専業主婦の場合も、どんなに配偶者に十分な収入があっても、仕事をして主婦業と兼業の状態にならない限り、消費者金融からお金を借りることはできません。

業者により様々なお金を借りるまでの最短の時間

お金を借りる事を考えている人々は、しばしばスピードを重視しています。急いでお金が必要ですので、少しでも早く融資を受けられる所が望ましいと考えている方もいらっしゃる訳です。

では消費者金融などでは実際にはどれ位の早さでお金を借りる事ができるかと言うと、業者によって様々です。

例えばある金融会社の場合は、最短で即日融資を受ける事ができるとアピールしています。基本的には申し込みをしてから数時間程度で借り入れができる会社になります。
少なくとも「翌日」ではありません。申し込みをした日の内に、借り入れが可能という訳です。

それと業者によっては、最短30分でお金を借りる事ができます。つまり申し込みをして30分程度で申込者の銀行口座に振り込まれる訳ですが、総じて消費者金融がそのようなサービスを提供している事が多いです。

このように業者によりお金を借りる事ができるまでの最短スピードが異なっている訳なので、それは各業者を比べる基準の1つにもなります。

お金を借りる為の無担保型の金融商品

お金を借りるとなると、担保が必要になる事があります。銀行からお金借りるならどこ?人気の借入先はこちらです

昔ながらの質屋が、その一例です。あのお店からお金を借りるとなると、まず担保となる品物を預けなければなりません。手持ちの家財である程度価値がある物をお店に預けて、それを抵当に融資を受けられます。それでお金を返すことができなかった時には、返済は免除される代わりに、預けた品物は返ってきません。

このような有担保型のローン商品は今なお見られます。いわゆる不動産担保ローンなどは、その1つになります。

その逆に無担保型の商品もあります。キャッシングはその代表例で、質屋などのように何か品物を預ける必要はありません。ただし無担保型の商品は、担保ありの商品に比べると若干審査は厳しくなる傾向はあります。

しかし担保が無いのは、人によってはメリットと感じている場合があります。「どこかの業者に対して品物を預けるのは少々抵抗がある」と感じている方も、中にはいらっしゃる訳です。そのような方は、キャッシングなどを利用している事が多い訳です。

短期間だけお金を借りるなら無利息サービスに注目

どうしてもお金が足りない時、手軽にお金を借りることができるのが、消費者金融のキャッシングです。

現在の消費者金融のキャッシングは、一昔前と比較して対応がスピーディなところが多く、土日であっても審査と即日融資を受けることが可能となっています。
キャッシングができる業者は数多くあるので、お金を借りる際には最も優良なところを利用したいところですが、その際に最も重要なのは、やはり利息の安さです。

利息が安ければ、同じ金額を借りても返済額を少なく抑えることができますが、短期間の利用を考える場合、期間限定や初回限定で無利息というサービスを行っている業者もあるので、そういったところを中心に検討するのがおすすめです。

長期的な借入を前提とする場合には、僅かでも利息が安いところを選ぶことが最重要ですが、月末のちょっとしたピンチのときに短期間だけ借りたいという場合には、長期的な利率よりも無利息サービスを重視したほうが有利なケースが多いので、注目してみましょう。

お金を借りる時に、金利が安い会社を比較

お金を借りる時に誰もが気にする事が金利です。

ですが、誰もが気にする部分にも関わらず消費者金融業界はどの会社も横並びの金利を提示しているのが現実です。
ほとんどの企業は上限金利での融資を行うので、そちらを比較したところ大手各社はほとんど全て18%で融資を行っており、唯一プロミスだけが僅かに低い17.8%です。

ですが、お金を借りるにあたって利息を安く借りる方法はこれだけではありません。
各社は利息こそ同一水準ながら、利息無料サービスで競っているからです。

例えば、初回180日間一定金額分の金利を無料にするレイクや、30日間利息無料のプロミスなど、各社魅力的なサービスを備えています。
中でも、ノーローンの7日間何度も無料という、同月使用でない限りなんども利息を無料にするというサービスはすばらしいと言えます。

小口の融資ならば7日で返済というケースも珍しくはないので、見た目の利息よりも結果的に安いコストで借りる事が少なくないからです。
このように、お金を借りる時の比較事項は、サービス面まで注目してみる事が大切です。

PCや携帯からでもお金を借りることができます

お金を借りるのは、何も窓口での申込だけではありません。
ネットからでもお金の借入はできるのです。

最近は、特に消費者金融を中心に、ネットから申込が出来るキャッシングが増えています。

この方法のメリットは、忙しい時でもPCや携帯から申込が出来ること、そして、借入分を銀行口座に振り込んでくれることです。
【お金借りるなら】急な出費にお金を借りれるキャッシング
申込方法は、金融機関のサイトにアクセスしたうえで、フォームに必要事項を入力して送ります。本人確認や収入証明などの必要書類は、FAXやアプリを使って送付します。

ただし、消費者金融が中心になっているということは、総量規制がある業者が多いということです。

総量規制とは、借りすぎ防止のために、年収の3分の1に当たる金額を限度額としたシステムで、消費者金融のすべての借入に適用されますので、借入総額が限度額に達すると新規の申込はできなくなりますので、注意が必要です。

また、専業主婦が配偶者名義で借入を行う場合は、配偶者の同意が必要になります。

お金を借りることが出来るキャッシュカードとは

キャッシュカードは銀行の預金口座からお金を引き出すためのカードです。

なので、口座にお金が入っていない場合はお金を引き出すことは出来ませんし、また、借りることも出来ません。ただ、クレジットカードと一体型になっているタイプのものであれば、預金口座にお金が入ってなくても借りることは出来ます。

一体型とは、一枚のカードがキャッシュカードにもクレジットカードにもなるということですが、なぜこういったことが可能なのかというと、ATMに挿入する方向で区別することが出来るからです。
つまり、カードの表面の右側から挿入した場合と左側から挿入した場合で、ATMは別のカードと認識することが出来るわけです。

一体型カードを作る場合は、銀行に申し込むことになりますが、申し込む前にメリットだけではなく、デメリットも知っておくようにしましょう。

たとえば、カードが破損してしまった場合、あるいは紛失してしまった場合は口座から引き出すこともキャッシングも出来なくなってしまいます。

保証人なしでお金を借りることの貸金業者側のリスク

銀行や消費者金融のフリーローンでは基本的に保証人なしでお金を借りることが出来ますが、では、貸金業者側はもし客が返済出来なくなった場合、どうやって貸したお金を回収するのでしょうか。

まず、客が返済してこなくなった場合、貸金業者は必ず督促を行います。保証人がいない場合、督促は客本人にしか行ってはいけないという決まりがあるので、まずは督促によって客から返済してもらうようにするわけです。

もし、督促をしても返済してもらえない場合は、裁判を起こします。
裁判を起こして勝訴した場合でも、客にお金を返してもらうようにするという部分は変わりませんが、それが出来ない場合は差し押さえをすることが可能になります。

預金口座や給料の差し押さえというのも可能なので、客が働いていれば給料から回収することが可能になります。

では、客が働いておらず、預金口座にもお金がなくて差し押さえをしても回収出来ないという場合はどうするのかというと、債権を債権回収会社に売ることになります。

お金を借りる行為と法律との関係

お金を借りる際には金融業者を選ぶ必要がありますが、銀行や信販会社、消費者金融などが一般的な金融業者となります。

個人でも融資審査に通ればお金を貸してくれますが、法律によって制限が設けられている場合があります。銀行は銀行法により経営していますが、信販会社や消費者金融は貸金業法により経営しています。

個人が現金融資を行うには審査が簡単な消費者金融のキャッシングが便利ですが、消費者金融が係る貸金業法では総量規制により融資額が制限されています。

総量規制は収入があることを条件に、融資額を年収の3分の1までに制限する制度ですが、これにより借りすぎから多重債務にならないようにしています。

利用中の人も新規に利用する人も同じく総量規制の対象となりますので、年収が低ければ融資額の上限も低くなりますし、年収が多い人は上限額も高くなります。

消費者金融では貸金業法により融資額が制限されるため、希望額が必ず融資されるわけではないのです。

繰り上げ返済可能なカードローンでお金を借りるメリット

銀行や消費者金融のカードローンを利用してお金を借りた場合、繰り上げ返済をするのは難しくありません。

というのは、特別な手続きをしなくても、返済期日前にATMから返済をするだけでいいからです。

カードローンの場合、クレジットカードの返済とは違い、決められた日に銀行の預金口座から引き落としという形を取らず、客がATMから自分で返済をするという形が一般的なので、ATMからの返済ということについても難しくありません。

借りたお金を繰り上げ返済で返すメリットとしては、無駄な利息がかからないということが一番です。

銀行口座からの引き落としを待つ形だと、期日以前にお金を返済出来るにもかかわらず、期日までは自分で返済することが出来ないので、その分、利息が加算されてしまいますが、ATMから返済出来る場合は、収入を得た時点ですぐに返済出来るので、返済した分、利息はかからなくなります。

なので、キャッシングが出来るクレジットカードを持っている場合でも、お金を借りるのはカードローンにするという風に使い分けるとお得になります。

お金を借りるときに必要なものとは

銀行系カードローンや消費者金融系のカードローンでお金を借りる時に必要なものとは、どちらの会社も原則、運転免許証や健康保険証、パスポートなどの本人確認できるものが一点あれば申し込みができるのです。

そのため、土地や建物を担保にしたり連帯保証人を用意しなければならないということはなく融資を受けることができるのです。

ただし、消費者金融系のカードローンに関してはお金を借りるときに、収入証明書が必要なケースがあります。

50万円以上の限度額を希望する場合と、他社での借金の合計金額が100万円以上を超えている場合は、源泉徴収票や給与明細書、確定申告書などの収入証明書が必要となります。

銀行系のカードローンに関しては、収入証明書は原則不要で運転免許証さえあれば申し込みできるのですが、高額の限度額を希望する場合には慎重審査となりますので、収入証明書が必要となります。

また、引っ越したばかりで免許証住所を書き換えていない場合は、住民票などが必要となることがあります。

お金を借りる場合に設定される返済期間

個人からお金を借りる場合は、いつまでに返済をするという期限を決めることが多いですが、この場合の返済期限は全額返済の期限であることが普通です。

しかし、銀行や消費者金融からお金を借りる場合、全額返済の返済期間は明確に定められないことがあります。たとえばカードローンの場合はそうです。

カードローンの契約をした場合、毎月の返済日は設定されますが、それは一部の元金及び利息の返済の期限であり、その日までに元金全額を返済しなければいけないという期限ではありません。
銀行や消費者金融は利息のみの返済がずっと続いたとしても利益を得ることが出来るので、全額返済にはこだわらないのです。

ただ、住宅ローンやクレジットカードを利用しての分割払いなどの場合は、返済期間がはっきりと決められます。

住宅ローンであれば、25年や30年といった期間が設定されますが、それとは別に、毎月の返済はいくら、ボーナスが入る月はいくらという風に、返済金額についてもきちんと設定されます。

お金を借りる、そして遅れると延滞損害金がかかる

金融機関からお金を借りると、返す時には利息をつけて返済します。
利息の支払う金額は、金利と何日間利用したかによって決まります。

銀行系カードローンの場合は、14%前後、消費者金融系のカードローンの場合は18%の金利です。利息と元金を合わせた金額が支払金額となるのですが、不安になるのは返済期日を遅れてしまった場合です。

返済期日を遅れた場合、怖いのが延滞損害金がかかることです。
契約している通常の金利とは別に高い金利がかかってしまうのです。

消費者金融系のカードローンであると、延滞損害金は20%の高金利のお金がかかってしまいます。

ただし、安心してほしいのは支払期日を1日でも遅れたからといってすぐに延滞金利がかかるわけではないのです。

1日遅れたとしても契約している通常の金利で利息が発生します。
いきなり高金利にはならないです。これは、大幅に延滞をしていて今後通常の返済をしてくれる見込みがないなど悪質な延滞者に対してかかるお金です。

お金を借りる際の注意点とは

お金が無くてどうしても困った時にはキャッシングなどを利用して、借りるという方法がありますがこのようなものを利用する時にはいくつかの注意点があります。

まず一番重要なことはしっかりと返済計画を立てるということで、どのぐらいの期間で返済をすることができるのかしっかりと見通しを立てておくことが重要です。

当然のことではありますが、借りたものは返さなければいけませんから困っている時に借りることができれば解決というわけではなく、全てを返済し終わって全ての問題が解決できたといえるわけなので、まずは返済をする時のことを考えて利用をする必要があるのです。

特にキャッシングや消費者金融を利用する場合には金利が発生しますから、見通しが甘かった場合その金利によって借りている金額がどんどんと膨れ上がってしまう可能性もあるだけに、まず利用をする前にお金を返すことができるのか、をまず第一にしっかりと考えておく必要があるのです。

ネットでお金を借りる方法を知る

お金を借りる場合は銀行や消費者金融の店舗に出向いて手続きをするという方法もありますが、より手軽にお金を用意するならネットで借りる方法も利用してみましょう。

キャッシングやカードローンの場合は来店なしでも、パソコンやスマートフォンで手続きができます。

手続きは手軽にできますが、審査はありますので、身分を証明する書類や、金額によっては収入証明書を用意しておく必要があります。

準備ができたら、いよいよ手続きに入ります。銀行カードローンや消費者金融のキャッシングのサイトでは申し込みフォームが用意されていますので、そちらから必要事項を入力し、送信します。
その後はすぐに審査が開始され、短時間で仮審査の結果を知ることができます。

仮審査がクリアしたら、必要書類をネットから送信するなど本手続きに入ります。その後は本審査が行なわれ、本審査もクリアすれば即日からも融資を受けることができます。

カードは後日受け取ることになりますが、お金については振込みで対応してもらうことができます。

即日でお金を借りるためには

だれにでもとにかく急いでお金を用意しなければならない時があります。

そのような時にも消費者金融は非常に便利ですが、申込み時間にだけ気をつける必要があります。多くの消費者金融では即日融資が一般的になっていますが、いつでも申し込んですぐにお金を借りることができるわけではありません。基本的に消費者金融ではだいたい14時頃までに申し込みをし、審査に通らなければ、当日の融資は難しくなります。ですので遅くとも午前中には申し込みを済ませておきたいところです。

確実なのは前日のうちにネットから申し込んでおけば、翌日に審査ができますので、迅速に融資を行ってもらえます。属性などに問題なく、安定した収入があればこのような消費者金融の審査にも通りやすいですし、必要な時にすぐに融資してもらえて非常に便利です。

当日の融資を希望しているのであれば、借りたい消費者金融のサイトなどをきちんとチェックしおくことが大切になります。